【育休ママにおすすめ】お得なキャンペーン情報まとめ >>

スケッパー(カード)の代わりになるもの3選!家にあるもので代用できるよ!

よし、思い切って、手作りパンにチャレンジしてみよう!

と思ったら、レシピに見慣れない道具の名前が…

「スケッパー(カード)ってなに?」
「絶対にないとダメな道具なの?代用できる?」

と出鼻をくじかれてしまったあなた。結論、スケッパーがなくてもパンは作れるので安心して大丈夫です。

実際に、私は初めてパンを手作りした時は、専用の道具は一切用意しませんでしたが、無事においしく作れましたよ。

しおむすび

家にあるもので代用しました!

ホットクックで初めてパンを作った記事はこちら

この記事では、【スケッパーを他の道具で代用する方法】を紹介しますね。

…ちなみに、スケッパーはあったほうがもちろん便利です。

パン作りをこれからも続けてみようかなと思えたら、購入するのがおすすめです。

記事の最後でも、おすすめのスケッパーを紹介しますね!

ちなみに…

結論、私は100円ショップで買いました。

セリアで100円でした〜!
この記事の目次
Sponsored Link

スケッパーとは?絶対に必要?

スケッパー(「カード」ということもあります)とは、パンやお菓子を作る時に活躍する調理道具です。

プラスチック、ステンレス、シリコンなどの素材があり、大きさもさまざまです。

パン作りでのスケッパーの使い道は、以下の通り。

  • パン生地を切り分ける
  • やわらかい食材を切る
  • 切れ目など飾りを入れる
  • パン生地をまとめる
  • ボウルの中身をきれいに拭い取る
  • 袋の中身を最後まで出し切る
  • 裏ごしする
  • 表面をならす
  • パンこね台を掃除する
しおむすび

何気によく使います!

ただ、これらは必ずしもスケッパーでなければできない、というわけではないんですよね。

  • パン生地を切り分ける →包丁でもできる
  • やわらかい食材を切る →包丁でもできる
  • 切れ目など飾りを入れる →包丁でもできる
  • パン生地をまとめる →ヘラや包丁でもがんばればできる
  • ボウルの中身をきれいに拭い取る →ゴムベラでもできる
  • 袋の中身を最後まで出し切る →包丁でもできる
  • 裏ごしする →ヘラやスプーンでもできる
  • 表面をならす →包丁でもできる
  • パンこね台を掃除する →他の道具でもなんとかなる

だいたいは、包丁があれば事足りてしまいます。笑

だから、改めてですが、スケッパーはパン作りには必ずないとできない道具!というわけではないです。

スケッパーを家にあるもので代用するなら

パン作りでスケッパーが登場する場面は、大体は包丁で事足りることが多いです。

が、「生地をまとめる」「パンこね台を掃除する」「ボウルの中身をきれいに拭い取る」など、包丁ではやりにくい場面もあります。

そこで、そんな時に代用できる家の中にある意外なものを紹介します。

使う前にはかならず洗って除菌をしましょう

分度器

  • パン生地をまとめる
  • 袋の中身を最後まで出し切る
  • パンこね台を掃除する

といったときには、家にある分度器や三角定規などで代用できちゃいます。笑

固さ・厚み・持ちやすさが、スケッパーに似ている点が多いので使いやすいです。

しおむすび

ただし、汚れが多い場合はやめておきましょう。笑

クリアファイル

  • パンこね台を掃除する

のみであれば、家にあるクリアファイルで代用できそうです。

のり付けされている底面の固さと厚みが、台をこそぐのにちょうどいいです。

ゴムベラ

  • パン生地をまとめる
  • ボウルの中身をきれいに拭い取る
  • 裏ごしする

といったときには、ゴムベラでも十分代用できます。

パン生地のように密度があって重たいものは、ヘラよりもスケッパーのほうが扱いやすさは正直、上です。が、ゴムベラでも十分です。

【買うなら】おすすめのケッパー3選

スケッパーにもいろんな種類があって迷いますが、

結論、初心者なら【シリコン製】を用意するのがいいかなぁと思います。

その場合は、このあと紹介する100円ショップのスケッパーが安くて優秀です。

ちなみに、タルトなど、固い生地のお菓子をたくさん作りたい人であれば、ステンレス製を選ぶのがおすすめです。

しおむすび

でも、「ゴムベラ」もしくは「シリコン製のスケッパー」は用意しておきたいです。クリームをすくうときに使えます!

100円ショップ

スケッパーは、100円ショップでも購入できます。たぶんこれが、一番安く買う方法じゃないかな。

私が買ったのも、セリアのスケッパーです。

これは、素材はプラスチックでした。

  • 安いので気軽に買える
  • 買い替えやすいので使いやすい
  • ボウルのなかなど傾斜があるところでは使いにくい

シリコン素材

スケッパーは高価な道具では無いので、有名メーカーのものでも数百円で購入できます。

そのため、最初からメーカーや機能で選ぶのもおすすめです。

  • やわらかくて使いやすい
  • ボウルのふちや底についた食材もきれいに取れる
  • 耐熱かどうかは要確認
  • きれいに洗わないと不衛生になりやすい

個人的に、今から買い直すなら、タイガークラウンの目盛付きスケッパーにします。口コミも高いし、何より安い!(目盛なしならもっと安いです)

created by Rinker
タイガークラウン
¥480 (2021/05/10 17:23:15時点 Amazon調べ-詳細)

ステンレス素材

固いものもスイスイ扱えるのが、ステンレス製のスケッパーです。

ただ、切れ味がバツグンな分、子どもの手の届くところに置かないように注意が必要です。

  • 切れ味がいい
  • 丈夫で長持ち
  • 洗いやすいので衛生的
  • 子どもが触ると危ない
  • 柔らかいもの、ボウルなど傾斜のある断面で使いにくい

ステンレス製を選ぶなら、王道のこのサイズが女性の手には扱いやすいです。しかも安心の日本製です。

created by Rinker
霜鳥製作所(Shimotori Corporation)
¥506 (2021/05/10 17:23:16時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

パン作りの基本道具である「スケッパー」を家の中にあるもので代用する方法を紹介しました。

概ねは包丁で代用できますが、「生地をまとめる」「パンこね台を掃除する」「ボウルの中身をきれいに拭い取る」といった場面では

  • 分度器・三角定規
  • クリアファイル
  • ゴムベラ

などが使えますので、いざという時には試してみてくださいね。

 

しおむすび(@shiomusubi_en

しおむすび

ツイッターではブログ更新情報を発信しています!
気になっていただけたら、しおむすび(@shiomusubi_en)のフォローをお願いします♪

\ ブログランキング参加中!ポチッと応援うれしいです /

Sponsored Link

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる